ホクロ

ホクロ

ダーモスコピーで診断、治療を行います

ダーモスコピー

当院では正確なホクロの診断を行うため、ダーモスコープを使用して皮膚病変を偏光レンズで拡大し、ホクロの鑑別、診療を致します。


ホクロ

正式名称は色素性母斑と言います。
近年ダーモスコープと言う拡大鏡が開発され、肉眼では見えない病変の細かい構造を確認することにより病変の良性、悪性の鑑別の補助として役立っています。
しかしながら、あくまでダーモスコープは補助的判断であるため、病変を切除し病理組織ごとに検査することがより確実な診断を得ることができます。
手術はほくろの大きさや部位など正確に、丸いメス(トレパン)でくり抜くか、単純切除(縫合)を行います。
当クリニックでは、基本的にほくろの手術に対してはレーザーは使用していません。




ページのトップへ