ヘルペス

ヘルペス

ヘルペス

ヘルペスとは、ウイルスによる感染症で、皮膚や粘膜に水ぶくれのできる疾患です。主な病気として、単純ヘルペス、水ぼうそう、帯状疱疹が挙げられます。


単純ヘルペス

単純ヘルペスは、発症部位によって、口唇ヘルペス(唇とその周囲)、陰部ヘルペス、ヘルペス性ひょう疽(指先や爪のまわり)などと呼ばれます。(粘膜や皮膚が直接接触することで感染します。)

単純ヘルペスの症状

口唇ヘルペスの初感染の症状として口唇や歯肉、口腔粘膜などにピリピリとした痛みを伴う水ぶくれが現れます。
強い痛みのため、食べられなくなることもあり、乳児では脱水症状を起こしやすい為、重症の場合には入院して点滴治療する必要があります。
陰部ヘルペスの初感染でも強い痛みを伴う水疱やびらんがみられ、排尿困難、歩行困難におちいることもあります。
逆に、初めて感染した時に症状が出ないことも多く、ほとんどの人は知らない間にこのウイルスに感染しています。

ヘルペスは再発することがあります。

ヘルペスウイルスは、症状が治まっても、一度感染すると体の中の神経節というところに隠れています。そして、体の抵抗力が落ちたとき(風邪・ストレス・疲れ・日光など)にウイルスが活性化して皮膚や粘膜に症状が出て再発を繰り返します。一般的にヘルペスと呼ばれるものは、ほとんどがこの再発型です。再発時の症状は、初感染時に比べ軽いことがほとんどです。

ヘルペスの治療には、ウイルスが増えるのを抑える「抗ヘルペスウイルス薬」を飲んだり、塗ったりします。治療効果を高めるためには、早めに治療を開始することが重要です。ヘルペスかなと思ったら早めに受診しましょう。

日常生活の注意点

ヘルペスは、全身どの場所にも感染します。患部を触った手で他の場所に触れると、その場所に小さな傷があるだけで感染してしまうことがあります。特に、発疹が出ている時は、お子さんが触らないよう注意しましょう。また、手洗いを十分に行う、同じタオルや食器を共有しないなど注意が必要です。


水ぼうそう

水ぼうそうは、水痘帯状疱疹ウイルスというウイルスによる感染症です。

水ぼうそうの症状と治療

感染すると、約2週間の潜伏期を経て、発熱とともに全身に赤いプツプツや水ぶくれができます。治療は、抗ヘルペスウイルス薬の内服を行ないます。
水ぼうそうは感染力が強く、直接触る以外にくしゃみや、せき、空気中のウイルスから感染します。
水疱ができる1~2日前から、全ての水疱がかさぶたになるまで感染力があるので治るまで外出を控えましょう。

熱が下がり、元気になったらシャワーで汗を流して肌を清潔にしましょう。
水ぶくれやかさぶたが破れると中に細菌が入ってしまうことがあるので破れないよう注意し、爪を短く切り、手を清潔にしておくことも大切です。


帯状疱疹

帯状疱疹とは、体の片側に、ピリピリという痛みと、これに続いて赤いポツポツと小さな水ぶくれが帯状にあらわれる病気です。

原因は子供の頃にかかった水ぼうそうのウイルス(水痘帯状疱疹ウイルス)が、体の中の神経に長い間潜伏し、何らかのきっかけで再活動を始めることによります。

帯状疱疹の症状

赤い斑点のあらわれる数日前から、皮膚の違和感やピリピリとした痛みを伴うことがあります、その後、体の左右どちらか一方の神経に沿って帯状に赤いポツポツが現れ、水ぶくれができます。

帯状疱疹の治療

治療は、抗ヘルペスウイルス薬を中心に行われます。抗ヘルペスウイルス薬は、腎機能や年齢、性別、体重によって使用量を調整する必要があり、血液検査を行い量を決めています。
抗ヘルペスウイルス薬はウイルスの増殖を抑えることにより、急性期の皮膚状態や痛みなどをやわらげ、治るまでの期間を短縮します。さらに合併症や後遺症を抑えるとことも期待されます。また、ペインクリニック(麻酔科)にて痛みの専門的な治療が必要になることがあり、その場合は、随時ご紹介しております。

抗ヘルペスウイルス薬は、発病早期に服用を開始するほど、治療効果が期待できます。帯状疱疹の特徴的な症状を自覚したら、できる限り早くご相談ください。

日常生活の注意点
できるだけ安静にしましょう

帯状疱疹は疲労やストレスが原因となり、免疫力が低下したときに発症します。十分な睡眠と栄養を取り、精神的・肉体的な安静を心掛けましょう。また、水分を多めにとるよう心掛けましょう

水ぶくれは破らないように気をつけましょう

水ぷくれが破れると、細菌による感染が起こりやすくなります。患部はなるべく触らず、シャワーで洗い流し清潔にしましょう。

小さな子どもとの接触は控えましょう

帯状疱疹が他人にうつることはほとんどありませんが、水ぼうそうにかかったことのない乳幼児には、水ぼうそうを発症させる可能性があります。
患部はガーゼなどで覆い、外出時にはマスクを着用しましょう。




ページのトップへ